前回は富山で出会いがあり体験した

長い間ありがとうございました
タイトルによると、前回の ‘ω*以降のスカイダイビング体験談を書きます富山で出会い

講義を受け、ハーネスを着用し、セスナに搭乗。

航空機には椅子がなく、床に直接座って、足を広げて、隣の人が足を広げて座っているような気がします(^ ^;富山で出会い

タンデム体験だけでなく、単独で飛行する人々と会社の人々も一緒に乗るでしょう。富山で出会い
私は自分のグループには属していませんでしたが、いくつかのウィングスーツが飛んでいるようです。

 

富山の出会いを調査!県民性がまずはポイント

 

飛行時間になると離陸します。
高度約4000メートルに上昇して、私たちは私たちがオフにして離陸した滑走路の上空に戻ります。

私がそれが上昇しているように見える景色はすでに非常に怖いです

インストラクターとハーネスをキャビンにドッキングします。運命のコミュニティです♪富山で出会い

私は、上昇中の航空機の中の風の音とあまり会話ができません。
最後のチェックが終わったとき、インストラクターは両手を私の前に持ってきて、そして私に良い兆候を与えてくれました。

富山で出会い高度4000メートル…ドロップポイントを降りてきた!
私の目の前のソロと会社の人々は次々に飛び出すでしょう!
そしてついに私の番です! !
両手で胸のハーネスをつかみ、表向きにします。
足を空中に投げ入れて力を引き出すだけ
飛び降りた瞬間、インストラクターへのラウンドスロー♪

「顔は上に、目が飛び出した瞬間から下向きになるだ富山で出会いけ
すぐにインストラクターに向かって(。・Ω<)じてぺろ♪♪
あなたがあなたの肩をタップするならば、あなたの手は万歳です!体は丸まったエビです!足の裏が上を向くように膝を曲げます。

返信を残す

必須項目には印がついています*