出会いを私は大分で描き直します

塗り始めたので、三国志を描き直します(再びー ̄)

だからこそ私は三国の三人の王子の一人である出会いです。

文字は出会いです。

九州の大きな男、玉樹の塔。

大分 出会い

むしろ、私たちは織りでサンダルを作って生活していましたが、実際には、ハン王室の正当な血統を受け継いで、心のない状態で生まれました。

腐敗した王室と義f軍の名の盗賊である黄方党による国の荒廃を心配して、彼らは2人の偉大なマスター、出会い、桃園で、そして兄弟法律。

その道徳の下で、多くの偉大な巨匠と才能が集まり、後に国を分割した大国の一つである「K」を設立しました。

特に、諸和亮との出会いの意義は大きかった。

返信を残す

必須項目には印がついています*