彼を理解する富山のママ活

 アドベンチャーワールド 』

冒険者は南極大陸を横断していました。

私のパートナーはそりを引く2匹の犬だけです。

富山のママ活ある日、前例のない猛吹雪に見舞われました。

吹雪は何日も続き、ついに食料と燃料がなくなった。

そして彼はただ息を呑んだ。

彼が目を覚ましたとき、彼のそばに2匹の犬がいました。

彼は理解した。

彼は死んだ、

犬は寄り添って一緒に死んだ。

彼は目的地なしで歩き始めた。

しばらくすると、まばゆい光を放つ雄大な城が現れました。

「ここはどこ?」富山のママ活

ゲートキーパー「天国へようこそ」

「ああ、私たちは天国に導かれました!」

ゲートキーパー「中に入ってください」「ただし、犬は入場できません。」

「なんてことだ!」

冒険者は犬を涙で撫でた。

「私はあなたたちを残すことができます!」

元の道に戻り、また歩き続けました。

そして今度は、崩壊寸前の古城にたどり着きます。

「ここはどこ?」

ゲートキーパー「それは天国です。」

「それだけです!あの城も天国でした!」富山のママ活

ゲートキーパー「ああ、それは地獄だ」

「自分のことだけを考えている人は倒れるでしょう。」

「さあ、一緒に来てください。」

夜、

哲夫は終電にちょうど間に合った。

「ええ、なんとか乗りました」

私が座ったとき、隣の小さな女の子が私に話しかけました。

「あなたは31歳ですよね?」

返信を残す

必須項目には印がついています*